FC2ブログ

GWの大冒険・後編

関が原のある岐阜県に突入し、岐阜に未練がありましたが次なる目的地へ。
高速に乗りSAで仮眠。
購入したマットと目隠しシェードのおかげでゆっくりできました。
足を伸ばして寝れるのは大事ですね。

2日目は朝イチからこの階段を登ります。
お城巡りは体力勝負なのです…。

DSCN0172 (800x600)
行ったのは越前大野城、岐阜から福井へ突入ですww

DSCN0182 (800x600)

天守は昭和に再建されたものですが、季節や条件が合えば向かいの犬山から雲海に浮かぶ姿が見られることで天空の城として話題になってます。

DSCN0186 (800x600)


石垣は野面積みでした。

DSCN0178 (800x600)

築城主の金森長近の銅像。
銅像にしては少しコミカルな感じですね。

DSCN0184 (800x600)


お次は越前大野城の近くにある勝山城。

DSCN0187 (800x600)

厳密に言えば勝山城は天守台だけで天守は建てられず、天守台も消滅。
この建物は博物館として天守を模して建築されたもの。
まぁ、お城はお城ってことで。

DSCN0188 (800x600)


さて、良い時間になりましたので2日めのメインへ向かいます。
はい、丸岡城。

DSCN0194.jpg

GWと言っても平日だからか人は少なめ。
天守の階段はどこもこんな感じ、高所恐怖症の人には怖いらしいです。

DSCN0203.jpg

外観を別角度から。

DSCN0214.jpg

ここからの眺めがとても素晴らしくしばらく眺めてしまいました。
天守が正座して背筋をシャキッと伸ばして座っている人のように見えて、非常にディテイルが綺麗。

丸岡城は昭和の福井地震で倒壊しましたが、倒壊した資材をそのまま使って再建されたので現存と認められているそうです。

石垣は、こちらも野面積み。

DSCN0212 (800x600)

入場券にはしおりが付属、お得感がありました。

DSCN0215.jpg


流石にお城や寺院ばかりなのもあれなので、少し嗜好を変えて断崖絶壁で有名な東尋坊へ。

DSCN0228.jpg

岸壁が荒波で削られこの形になったそうです。

DSCN0219.jpg
DSCN0221_20180502104803e63.jpg
DSCN0217.jpg

続いて福井駅周辺へ。
恐竜の街をアピールしてるので福井駅も恐竜仕様になってます。

DSCN0245.jpg

丁度、お昼時になりましたので福井名物のおろしそばをいただきました。

DSCN0251_2018050210500862a.jpg

この上に辛み大根をかけて食べます。
大根の辛味が強いのですが、それがまた癖になりそうでした。
暑くなるこれからの季節にはもってこいですね。

そして少し歩いて次はこちら。

DSCN0233_20180502105015c70.jpg

福井城です。

DSCN0231.jpg

天守は焼失してしまい、再建されることはありませんでしたが今は県庁や県警本部が建てられていて、県の中心地となっています。

DSCN0235_201805021050127f1.jpg

結城秀康の石像。

DSCN0236_20180502105010a5d.jpg

天守台の跡地。
県庁と県警本部の間を抜けていくので、何もしてないのにドキドキしましたww

DSCN0238_20180502105011cba.jpg

福井城に来たら、ここも外せません。
北ノ庄城です。

DSCN0248.jpg

今は柴田公園と神社になっていて、柴田勝家の銅像や。

DSCN0250.jpg

お市の方の銅像。

DSCN0247.jpg

茶々、初、江の三姉妹の銅像もありました。

DSCN0246_20180502105212b76.jpg

そして、次の目的地へ向かいます。
一乗谷城です。

DSCN0253.jpg

朝倉氏の屋敷跡が見られます。

DSCN0257.jpg
DSCN0256.jpg

あおして、昔の町並みを再現した区画もあります、こちらは入場料210円なり。

DSCN0260.jpg
DSCN0263.jpg
DSCN0264.jpg
DSCN0265.jpg

流石に詰め込みすぎてお腹いっぱいになったので、これで撤収することにしました。
最後に多賀SAで近江牛のメンチカツドッグを食べて滋賀にお別れ。

DSCN0267.jpg

滋賀と福井を満喫した2日間だったなぁ。
帰りは特に渋滞もなく無事に帰宅、総走行距離1,400㎞ほどの旅でした。


今回の戦利品。

DSCN0270_2018050210595315c.jpg

着実にコレクションが増えておりますww
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

立ちゴケ

Author:立ちゴケ
人生は立ちゴケした時のようにほろ苦く切なく虚しい気持ちの繰り返し。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問感謝♪

検索フォーム

QRコード

QR